今年は佐世保商業女子30名

波佐見高校25名

一般参加10名参加で大賑わいで田植えしました

初めての田植えの子も多く野々川の冷たい水に驚きながら

悪戦苦闘の一日でした

野々川米づくり体験

    <日 程>

●5月21日(日) 種まき  ~実施済~

●6月11日(日) 田植え&さなぶり    ~実施済~

●9月30日  (土)   月見会(芋煮会) 

●10月7日(日)稲刈・架け干し

●10月22日(日)脱穀&収穫祭   

          百枚田と呼ばれるの上の棚田を守る

 

野々川地区の山の上に広がる百枚田と呼ばれる美しい棚田と茶畑。

棚田の一枚一枚は小さく、中には「蓑かくし」といわれるほど小さい田も

あるほどで、畦は狭く、耕作に大変な手間と労力を必要とします。

 江戸時代になって築かれた幾段もの石垣が数百年経った今でも美しい

棚田を支えていますが、ここ数年高齢化の影響で離農する農家が出始め、

遊休地が目立つようになっていました。

 

 こうした中、地元農家有志によって地道な農地再生が始まる中、平成24年

棚田の維持を目指して「米づくり体験塾実行委員会」が結成され、人里離れた

絶景のロケーションで棚田を守る米づくりが始まりました。

 

 

今年で6回目となる米づくり塾もいよいよ5月末、種まき、苗づくりからスタートし、

田植えも無事終了し、今、百枚田は田んぼ一面、美しい緑のじゅうたんに覆われています。

今年も野々川郷百枚田は秋の収穫まで多くの農作業が続きます。 ~豊作になあれ~